インターネット

ソフトバンク光の回線工事で穴あけが必要なケースとは?穴開けなしでインターネットを使うには?

「ソフトバンク光を使いたいけど、家の壁に穴開けが必要なのか知りたい。」
「賃貸アパートに住んでいて、穴開けは大家さんのOKがもらえそうもない。何か解決方法はありませんか?」

こんな問い合わせを質問欄からいただくことがあります。

私も実際にソフトバンク光を利用していますが、申し込み前に同じ不安があって調べたので、ソフトバンク光の工事の穴開けについてまとめました。

この記事のポイント
  • 穴開けが必要なのは電話線の配管やエアコンダクトなどの外に通じる穴がまったくない場合。(多くの場合は穴あけ無しで工事できる)
  • 穴あけ無しで工事できるかは、工事日の当日に作業員が建物を見るまで分からない。
  • 工事の当日に建物の構造を見てもらって穴開けが必要になったら無料キャンセルできる。
    ソフトバンク光に申し込んでみて、作業員に確認してもらってからのキャンセルでOK。
  • 家の構造的に穴開けが必要だけど、大家さんのOKがもらえないならソフトバンクエアーを検討すべき。

穴開けが必要なのはとても限られたケースなので、まずはソフトバンク光に申し込みをしてみましょう。

工事の当日に穴開けするか決めることができ、その時点で工事をやめても無料キャンセルできるのでリスクがありません。

ちなみに、ソフトバンクの回線工事費は24,000円ですが、下記の申し込み窓口から申し込めば33,000円のキャッシュバックがもらえるので、工事費用を相殺することができます。

ソフトバンク光で穴あけが必要な場合とは?

ソフトバンク光を利用するには、光ケーブルを電柱から室内に引き込む必要があります。

穴開けが必要なのは、光ケーブルを室内に引き込める穴が建物の壁に全くない場合です。

多くの住宅には、「電話のモジュラージャック」や「エアコンのダクト」といった光ケーブルを引き込める穴があるので、多くの場合は穴開けなしで開通できます。

光ケーブルを引き込む穴がない場合のみ、専用の穴を開ける必要があります。

では、くわしくお伝えしていきます。

光回線の工事は3種類ある。

光回線の引き込み工事は次の3種類です。

  1. 電話線の配管を利用
  2. エアコンのダクトを利用
  3. 新規穴開け

光回線の工事を担当する作業員は、①→②→③の順で作業ができるかを判断していきます。

光回線の工事は大きく分けて3種類。

多くの場合は穴開けしないで大丈夫

ソフトバンク側もトラブルを防ぐために、できる限り建物に穴を開けることは避けてくれます。

部屋に「電話のモジュラージャック」や「エアコン」がある場合、多くの場合は穴開けなしで開通できます。

(もちろん、状況によっては穴開けが必要な場合もあるので、必ず大丈夫というわけではありません。)

たとえば、モジュラージャックがあれば電話線が電柱から引き込まれているので、その配管に光ケーブルを通すことでソフトバンク光が使えるようになります。

モジュラージャックがあれば電話線の配管が使える可能性がある。

 

電話線の配管を使うことができなければ、エアコンのダクト(エアコンと室外機をつなぐホースのところ)に光ケーブルを通せないかを検討してくれます。

エアコンのダクト(ホースのところ)も光ケーブルを通すのによく使われる。

つまり、建物に新規で穴を開けるのは最終手段です。

ちなみに、できる限り穴開けを避けてくれるのは自宅が一戸建でもマンションでもアパートでも同じです。

穴開けのイメージ

繰り返しになりますが、部屋にモジュラージャックやエアコンダクトがなく、建物の壁に光ケーブルを通す穴が全くなければ、穴開けが必要です。

実際にドリルで壁に穴を開ける作業を行うことになります。

外から見た穴開けの例はこんな感じです。
鉛筆程度の太さの穴を開けて、光ファイバーケーブルを室内に引き込みます。

 

室内にこのように光ケーブルが引き込まれ、光回線の端末に接続されることとなります。

 

賃貸マンションやアパートに住んでいる場合、穴開けには大家さんか管理会社の了解が必要です。

本当に穴開けが必要かは申し込まないと分からない。

たまに「穴開けが必要なのかどうか、申し込む前に分かりませんか?」という質問をいただきます。

残念ながら、ソフトバンク光の回線工事が穴開け無しでいけるかは、工事の当日にならないと分かりません。

もちろん、「電話のモジュラージャック」や「エアコンのダクト」がある場合、多くの場合は穴開けなしでソフトバンク光を開通させることができます。

ただ、絶対に穴開けなしでいけるかというと、そうではありません。

なぜなら、電話線の配管を使うにしても配管の内部に光ケーブルを通せるだけのスペースの余裕があるかどうかは実際に見てみないと分からないからです。

また、エアコンのダクトを利用するにしても、電柱から光ケーブルを引き込めるところにエアコンのダクトがあるかも分かりません。

作業員が実際に建物を目で確認するまでは分からないのです。

工事の当日キャンセルができるのでまずは申し込む。

事前に穴開けが必要かどうか考えても分からないので、まずはソフトバンク光に申し込んで、工事を予約しましょう。

なぜなら、工事当日のキャンセルは工事着手前であれば料金が発生しないからです。

ソフトバンクの作業員(実際にはNTTから委託された作業員)が自宅の環境を確認して、穴開けをせざるを得ないと判断した場合、作業員に「穴開けは避けたいので、キャンセルさせてください。」と伝えれば工事を止めてくれます。

(建物に変化を加えることになるので、当たり前と言えば当たり前ですが。)

この場合、工事のキャンセル料などはかかりません。

工事費は24,000円。無料になるケースもある。

ソフトバンク光の回線工事費は、24,000円です。

(光回線の設備があるマンションであれば2,000円または9,600円になることもありますが、一戸建てや穴開けを検討しなければならない構造のマンション・アパートに住んでいる場合は24,000円と思ってもらって間違いありません。)

ただ、次の2つのケースに当てはまればキャンペーンが適用されて、回線工事費は無料になります。

  1. 他社回線からの乗り換え(光回線だけでなくWiMAXなどのモバイル回線もOK)
  2. 引っ越しと同時にソフトバンク光に申し込み

それぞれのキャンペーン内容を詳しく説明します。

他社回線から乗り換える場合は工事費が無料になる

ソフトバンク光は、他社の回線からの乗り換えであれば乗り換え新規でキャッシュバック/
割引きキャンペーンが適用されて、24,000円の回線工事費が無料になります。

それだけでなく、いま使っている他社回線の解約時にかかる違約金もソフトバンクが負担してくれます。

他社回線からの乗り換えで【回線工事費】と【いま使っている回線の解約にかかる違約金】の両方を負担してくれるのはソフトバンクだけです。

(他社から乗り換えを促進してユーザーを増やそうというのが、ソフトバンクのやり方ですね。)

他社回線からの乗り換えで【回線工事費】と【いま使っている回線の解約にかかる違約金】の両方を負担してくれるのはソフトバンクだけ。

ソフトバンク光が開通してから5ヵ月以内に「他社回線を解約した証明となる書類」を専用ウェブページにアップロードすればOKです。

詳しい手続きの方法は、こちらから申し込んだ後にかかってくる意思確認の電話の時に「他社回線からの乗り換えなので、キャッシュバックを受けたいです。」と伝えれば手続きを丁寧に教えてくれます。

引っ越しと同時に申し込めば工事費が無料になる。

引っ越しと同時にソフトバンク光に申し込めば、SoftBank 光 新生活応援!キャッシュバック/割引キャンペーンが適用され、工事費が実質無料になります。

引っ越しと同時にソフトバンク光に申し込めば工事費が実質無料になる。

実は、数ある光回線の中でも、(条件付きではありますが)回線工事費用を実質無料にしてくれるのはソフトバンク光だけです。

キャッシュバックの適用条件は次のとおりです。

[aside type=”boader”]キャッシュバックの適用条件

  • ソフトバンク光の申込日の2ヵ月前の1日~申込日の2ヵ月後の末日(計5ヵ月間)に転居していること
  • 転居前の住所が確認できる証明書(水道光熱費の領収書など)をソフトバンクに送付すること
  • 開通月してから5か月目の末日までに支払方法を登録していること[/aside]

33,000円キャッシュバックで工事費を相殺できる。

他社回線からの乗り換えや引っ越しと同時に申し込みといった条件を満たせなくても、下記の申し込み窓口からソフトバンク光に申し込めば、33,000円のキャッシュバックをもらえます。

ソフトバンク光の回線工事費24,000円を相殺することができるので、家電量販店やソフトバンクショップではなく、インターネットで申し込みをするようにしましょう。


また、乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン 新生活応援!キャッシュバック/割引キャンペーンとも併用が可能なので、ソフトバンク光に申し込むなら上記サイトから申し込むのがいちばんおトクです。

穴を開けられない場合はソフトバンクエアー

「どうしても穴を開けたくない。」「賃貸に住んでいて大家さんの許可がもらえそうもない。」という場合には、ソフトバンクエアーを検討してみましょう。

ソフトバンクエアーは、コンセントに挿せばインターネットにつながるWi-Fi端末です。

回線工事なしでインターネットにつながるので、穴開けができない場合のインターネット回線の候補になります。

ソフトバンクエアーはコンセントに挿すだけ。穴開けどころか工事が不要。

一時期、私もソフトバンクエアーも使っていました。

だいたいプリングルズと同じくらいの大きさ。

コンセントに挿せばインターネットにつながるのがソフトバンクエアー。

実際にソフトバンクエアーを使ってみた個人的な見解ですが、やっぱりソフトバンク光などの光回線よりは遅いです。

ソフトバンクエアーの最新機種「Airターミナル4」の理論速度は481Mbps(一部地域で962Mbps)ですが、実際に東京都内で使用してみたところ、30Mbpsくらいでした。

(立地や建物の構造でまったく変わるので参考程度に考えてください。)

ただ、ソフトバンク光と同じように、ソフトバンクやワイモバイルのスマホとのセット割引が効きますので、壁に穴開けができなければ検討すべきインターネット回線です。

ちなみに、速度が遅くて使えなければ、端末が自宅に届いてから8日以内であれば無料キャンセルできます。

ソフトバンクエアーも下記の申し込み窓口から申し込めば33,000円のキャッシュバックがもらえるので、家電量販店やソフトバンクショップなどで申し込むよりもおトクに使い始めることができます。

ソフトバンク光が開通したらスマホをワイモバイルに。

少し余談ですが、ソフトバンク光が開通したら、スマホをワイモバイルに乗り換えることを検討してみてください。

私はソフトバンクからワイモバイルに乗り換えましたが、スマホの月額料金が約8,000円から約3,000円に減りました。
通信費は毎月かかる固定費なので、生活コストを無理なく下げられる重要なポイントです。

ソフトバンク光が開通したらぜひ検討してみてください。

ソフトバンク光とワイモバイルの組み合えせがベスト。速度と月額料金がいくらなのかまとめ。「通信費を安くしたい。だけど、ネット回線が遅かったり、スマホが遅かったりデータ通信量が足らなくなるのはイヤだ。」と思っていろいろと調べま...

まとめ

ソフトバンク光を使うのに穴開けが必要かどうかは、ソフトバンク光に申し込んで、作業員に建物を見てもらわないと分かりません。

穴開けが必要だと分かった時点で工事を止めれば無料キャンセルできるので、いったん、ソフトバンク光に申し込みましょう。

ソフトバンク光に申し込みをするならソフトバンクショップや家電量販店ではなく、下記の窓口から申し込むと33,000円キャッシュバックがもらえていちばんおトクです。