インターネット

【最終結論】ahamo(アハモ)ユーザーにおすすめの光回線は?乗り換え方法も徹底解説!

ドコモユーザーがahamo(アハモ)に乗り換えると、ドコモ光とのセット割が適用外になってしまいます。

 

セット割などの割引制度をなくし、「基本料金をシンプルに安くする」というのがahamoのコンセプトだからです。

 

ahamoへの乗り換えと同時に、光回線も乗り換えましょう。

 

毎月、500円くらい通信費が安くなります。

 

光回線の選び方のポイントは次の3つです。

  1. 月額料金が安いこと
  2. 大手で安心できること
  3. 回線工事費が安いこと

 

当サイトの最終結論は、次の通りです。

  • マンションならOCN光(NTTコミュニケーションズ)。
  • 一戸建てならNURO光ソニー)。ただし、NURO光が提供エリア外ならOCN光

 

今ならOCN光もNURO光もキャンペーンサイトからの申し込みで工事費無料+キャッシュバックの特典があります。

 

\32,000円キャッシュバック!/
OCN光に申し込む※最短2か月でキャッシュバック振込

 

\キャッシュバック45,000円!/
NURO光に申し込む※今なら4万円の回線工事費も無料です。
※上記ページのみ工事日をWEB予約可。

 

この記事では、違約金を実質的に発生させずにOCN光やNURO光に乗り換える方法を紹介してるので、申し込む時の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ドラゴ
ドラゴ
光回線は、初期費用をいかに安くするかが重要です。この記事では、初期費用を抑える方法もお伝えします。

 

ahamoだとドコモ光を選ぶ理由がなくなる。

繰り返しになりますが、ahamoではドコモ光とのセット割が適用できません。

 

つまり、ahamoユーザーがドコモ光を選ぶ理由がないんです。

 

また、家族割などの割引制度も利用できないため、2,970円の月額料金以上にスマホ料金が安くなることはありません。

 

そうなると、「ギガホやギガライトからアハモにプラン変更すべきなの?」と思うかもしれません。

 

しかし、通信費を下げたいなら、ドコモ光のセット割をなくしてもOKなので、ahamoにプラン変更すべきです。

 

なぜなら、ahamoの月額料金の安さは、ドコモ光セット割の効果をはるかに上回るからです。

 

項目 ギガホ プレミア ギガライト ahamo
データ通信量 60GB ~7GB 20GB
月額料金(税込) 7,205円 3,278円~6,578円 2,970円
光セット割 △1,100円 △550円~1,100円 なし
みんなドコモ割 △550円~1,100円 △550円~1,100円 なし
合計 5,005円~5,555円 2,728円~4,378円 2,970円

 

ご覧のとおり、ギガホ・ギガライトに比べてahamoの基本料金は圧倒的に安いです。

 

光セット割やみんなドコモ割なしでも元々の基本料金が安いので、「ahamoにすると、ドコモ光のセット割がなくなるから、通信費や結局あがるのでは?」という心配は不要です。

 

つまり、料金プランをahamoに変えて、光回線をいちばん安いプロバイダに乗り換える方が、通信費を安くできるということです。

 

もしすでにドコモ光を使っている場合、「ドコモ光から別回線に乗り換えるのって、めんどくさそう。。」「速度が遅くならないか心配。。」と思っているのではないでしょうか?

 

じつは、ドコモ光から他社回線への乗り換えは、手続きも楽ちんですし、回線速度が落ちることもありません。

 

というのも、どの光回線も『光コラボ』と呼ばれるもので、NTTの回線を使って別ブランドとして提供されているものだからです。

 

イメージとしては、「中身は同じで外装だけ違う」という感じです。

 

 

光ケーブルはNTTが日本全国をくまなく網羅して引いてくれているので、それを各事業者が借りて光回線を提供しているという仕組みです。

 

ドコモ光から光コラボへの乗り換えは、事業者変更という手続きで工事なしで簡単に切り替えられます。

 

マンション住まいなら『OCN光』

マンションに住んでいてスマホをahamoにするなら、OCN光に決まりです。

 

OCN光がいちばんオススメなのは次の3つの理由です。

 

OCN光をオススメする3つの理由
  1. 月額料金が3,960円といちばん安い。
  2. ドコモと同じNTTコミュニケーションズが運営しているので安心。
  3. キャンペーンで32,000円のキャッシュバックがもらえて、工事費が実質無料になる。

 

ドラゴ
ドラゴ
いちばん安くて、安心して利用できるのがOCN光です。

 

OCN光が安くて安心。

光回線の初期費用と月額料金を一覧にしたのがこちらの表です。

 

回線 初期工事費 月額料金 備考
フレッツ光 16,500円 4,004円~
ドコモ光 無料 4,400円
ソフトバンク光 26,400円 4,180円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
auひかり 無料 4,180円
NURO光 無料 5,217円
So-net光 26,400円 4,928円
OCN光 16,500円 3,960円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
@nifty光 16,500円 4,378円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
楽天ひかり 16,500円 4,180円
enひかり 16,500円 3,630円 新興の光回線なので実績がない。

 

月額料金が安く、キャッシュバックで工事費を実質無料にできるOCN光がいちばんおトクだというのがお分かりいただけると思います。

 

税込みの月額料金で4,000円を割っているのはOCN光enひかりの2つだけ。

 

月額料金だけでみると、いちばん安いのはenひかりです。

ただし、enひかりは新興の光回線で実績がまだないのが不安なところですし、初期費用として回線工事費が16,500円かかります。

 

それに比べて、、

OCN光は、ドコモと同じNTTグループであるNTTコミュニケーションズが運営しているという安心感が大きいです。

 

さらに、こちらのキャンペーンページから申し込むと、32,000円キャッシュバックがもらえて、工事費の16,500円を実質的に無料にできるのも大きなメリットです。

月額料金が4,000円を切って、工事費も実質無料で、NTTグループが運営しているという安心感という3拍子揃っているのがOCN光です。

OCN光はネット申し込みがおトク。

ひとつ、大事なポイントはOCN光は店頭で契約するとキャッシュバックがもらえないということ。

 

こちらのキャンペーンページから申し込んで、32,000円キャッシュバックをもらうのがいちばんおトクな申し込み方法です。

(戸建てだとキャッシュバックが40,000円ですが、マンションだと32,000円です。)

 

ドラゴ
ドラゴ
必ずネットで申し込みましょう!間違いなくいちばんおトクに契約できます。

 

\32,000円キャッシュバック!/
OCN光に申し込む※最短2か月でキャッシュバック振込

 

一戸建て住まいなら『NURO光』

戸建てに住んでいてスマホをahamoにするなら、NURO光(ニューロ光)決まりです。

 

NURO光がいちばんオススメなのは次の4つの理由です。

 

NURO光をオススメする3つの理由
  1. 月額料金が5,217円と安い。
  2. ソニーネットワークコミュニケーションズが運営しているので安心。
  3. 回線工事費が無料。
  4. キャッシュバックが45,000円もらえる。

 

ドラゴ
ドラゴ
工事費が無料のうえに、45,000円のキャッシュバックは他社を圧倒しています。

 

NURO光が安くて安心。

光回線の初期費用と月額料金を一覧にしたのがこちらの表です。

回線 初期工事費 月額料金 備考
フレッツ光 19,800円 5,489円~
ドコモ光 無料 5,720円
ソフトバンク光 26,400円 5,720円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
auひかり 無料 5,390円
NURO光 無料 5,217円 キャッシュバックが45,000円と高額。
So-net光 26,400円 6,138円
OCN光 19,800円 5,610円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
@nifty光 19,800円 5,720円 キャッシュバックで工事費が実質無料。
楽天ひかり 19,800円 5,280円
enひかり 16,500円 4,730円 実績がまだ少ない新興の光回線

 

月額料金が安く、キャッシュバックで工事費を実質無料にできるNURO光がいちばんおトクだというのがお分かりいただけると思います。

 

月額料金だけでみると、いちばん安いのはenひかりです。

ただし、enひかりは新興の光回線で実績がまだないのが不安なところですし、初期費用として回線工事費が16,500円かかります。

 

それに比べて、、

NURO光は、回線工事費が無料ですし、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズが運営しているという安心感が大きいです。

 

月額料金が安くて、工事費も実質無料で、ソニーグループが運営しているという安心感という3拍子揃っているのがNURO光です。

 

NURO光は絶対にネット申し込み!

 

ひとつ、大事なポイントはNURO光は店頭で契約するとキャッシュバックがもらえないということ。

 

こちらのキャンペーンページから申し込んで、45,000円キャッシュバックをもらうのがいちばんおトクな申し込み方法です。

 

 

ドラゴ
ドラゴ
必ずネットで申し込みましょう!間違いなくいちばんおトクに契約できます。

 

\キャッシュバック45,000円!/
NURO光に申し込む※今なら4万円の回線工事費も無料です。
※上記ページのみ工事日をWEB予約可。

 

NURO光が提供エリア外ならOCN光。

スマホがahamoで一戸建てに住んでいるならNURO光がいちばん安いのですが、NURO光の最大の欠点は提供エリアが狭いこと。

 

NURO光は全国展開されておらず、下記のように提供エリアが限定されています。

【NURO光提供エリア】※2021年4月時点

  • 北海道
  • 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城)
  • 東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良)
  • 九州(福岡、佐賀)

 

さらに、上記のエリアであっても地域によってはNURO光が提供されていないところもあります。

 

下記のサイトで引っ越し先がNURO光の提供エリアかを確認できるので、さっそく確認してみましょう。

 

提供エリアかチェック!

➡NURO光の提供エリアを郵便番号検索で確認する

 

もしお住いの地域がNURO光の提供エリア外だった場合は、OCN光にしましょう。

 

NURO光よりも400円ほど高くなりますが、他の光回線よりは安いですし、NTTコミュニケーションズが運営していて安心できます。

 

\32,000円キャッシュバック!/
OCN光に申し込む※最短2か月でキャッシュバック振込

 

違約金に注意!いちばんおトクに乗り換える方法!

現時点で他の光回線を使っている場合は、違約金に注意が必要です。

 

ドラゴ
ドラゴ
ここから先は、現時点ですでに別の光回線を使っている人以外は読み飛ばしてください。

 

なぜなら、ほとんどの光回線は『2年縛りの自動更新契約』だからです。

つまり、2年に一度の『契約更新月』以外で解約すると、違約金が発生します。

 

たとえば、ドコモケータイを使っている場合、ドコモ光を使っているひとが多いと思うので、ドコモ光を前提に説明したのがこちらの図です。

 

  • 利用開始から2年間契約期間契約期間中解約すると違約金がかかる。
  • 契約開始24~26ヵ月目契約更新月に解約すれば違約金はかからない。
  • 契約更新月に解約連絡をしないと、自動的契約期間(2年)更新される。

 

ドコモ光の違約金は、戸建てだと13,000円マンションだと8,000円です。

 

2年に一度の契約更新月に都合よく解約できることはそうそうありません。

 

いま使っている光回線からOCN光またはNURO光に乗り換える際には、違約金がかかると思っておいた方がよいでしょう。

 

ただ、、

OCN光もNURO光もキャッシュバックがもらえる特設ページから申し込めば、違約金をカバーすることができます。

 

OCN光のマンションタイプならこちらのキャンペーンページから申し込めば32,000円のキャッシュバックがもらえます。

工事費16,500円とドコモ光の違約金8,000円の合計24,500円を十分にカバーできて、7,500円あまります。

 

NURO光だったら45,000円のキャッシュバックがもらえます。

NURO光は工事費が無料なので、ドコモ光(戸建て)の違約金13,000円を余裕でカバーできて、32,000円も手元に残ります。

まとめ

繰り返しになりますが、ahamoならどの光回線が良いのかの最終結論がこちらです。

 

【最終結論】ahamoならこの光回線!
  • マンションならOCN光(NTTコミュニケーションズ)。
  • 一戸建てならNURO光ソニー)。ただし、NURO光が提供エリア外ならOCN光

 

すべての光回線を調べたうえでの結論なので間違いありません。

 

この記事を参考にしていちばんおトクな光回線を選んで、おトクに申し込んでください。