黒酢の過剰摂取にご注意を

何でも取りすぎは良くない!

 

黒酢(香酢)ですが、必須アミノ酸をはじめ、体に必要なアミノ酸類、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているのは含有成分を見ればわかります。ただ、その含有量の少なさから全く意味を成さないものまで含まれています。

 

 

というと大量に飲めば効果があるのではないかと思う人もいるでしょうが、過剰摂取も場合によって体にとっては害になります。不足しているものだけ補うのがサプリなのです。

 

 

 

不足していないものを摂取する必要は全くありません。ただ、体内で作られないものに限っては例外となります。いま、流行のアルギニンやシトルリンに関しても、ほんのわずかの量を摂取しても全く意味がありません。

 

 

有効血中濃度に達しない場合は何の効果も期待できないということになります。
そして、最も気を付ける必要があることとしては、大量に摂取した場合、黒酢は酢酸を含んでいるため、酸性のサプリなので胃に悪い影響を与える場合があります。胃酸過多や逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、酸性の食物の摂取を禁止されている場合、黒酢を飲むと症状がさらに悪化します。"